L-スイトロール®サーベイ

臨床診断の正確性を保証するための精度管理用製品群を紹介します。

臨床検査は現在の医療において、病気の診断や治療になくてはならない検査です。日水製薬は臨床検査の“正確さ”を保証するための精度管理血清を国内で初めて製品化しました。現在では、国内外の医療現場で広く使用されており、高い評価と支持を獲得しています。

L-スイトロール®サーベイとは

弊社は精度管理用血清として『L-コンセーラ』と『L-スイトロール』と呼ばれる2種類の製品をラインナップしています。どちらの製品もヒトプール血清を使用していますが、L-コンセーラは動物由来の酵素、L-スイトロールはヒト型酵素(リコンビナント含む)を用いて製造しております。
『L-コンセーラ』と『L-スイトロール』のもう一つの違いは、表示値表です。L-コンセーラの表示値表は、各成分のおおよその値を記載していますが、L-スイトロールは、トレーサビリティ体系に基づいた値とそれに付随する拡張不確かさを記載しています。また、正確さを確認できる「正確さの管理限界」も記載しています。

検査の標準化が進んでいなかった時代、動物由来酵素の精度管理試料による外部精度管理は試料マトリックスや測定装置、試薬の測定法などの違いで値が異なることが半ば臨床検査の常識でした。そんな中、スイトロールは検査室からの要望を受け、「機種別_測定法別」の値を表示値にいたしました。この表示値の作成と検査室の正確さ結果をお届けするためにロット毎にサーベイを開始したのがスイトロールサーベイ(L-スイトロールサーベイの前身)の始まりです。

現在では、ヒトリコンビナント酵素が開発され、同時に標準化(標準物質・測定法など)も進んだことから、外部精度管理にも利用できるように試料マトリックスをよりヒトプール血清に近似させるため『スイトロール』シリーズは動物由来酵素からヒトリコンビナント酵素に変更し、
『すべてヒト由来成分で製造』
『反応性はヒト血清と同様』
『トレーサビリティ体系に基づいた値付け』
としたことから、『スイトロール』シリーズの製品ロット毎のサーベイ集計を終了しその役目を終えました。
現在は、すべてヒト由来成分試料を用いた大規模サーベイとして、第三者による他施設間比較での精度、正確さを確認できるサーベイとして年1回 L-スイトロールサーベイの開催を行っています。

参加(評価)可能な項目一覧

No項目名略称
1総蛋白TP
2アルブミンAlb
3クレアチンキナーゼCK
4CK-MBCK-MB
5アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼAST
6アラニンアミノトランスフェラーゼALT
7乳酸デヒドロゲナーゼLD
8アルカリホスファターゼALP
9γ-グルタミルトランスフェラーゼGGT
10コリンエステラーゼChE
11ロイシンアミノペプチダーゼLAP
12アミラーゼAMY
13P型アミラーゼ(参考調査)P-AMY
14リパーゼ(参考調査)LIP
15クレアチニンCre
16尿酸UA
17尿素窒素UN
18グルコースGlu
19中性脂肪TG
20リン脂質PL
No項目名略称
21総コレステロールTC
22HDL-コレステロールHDL-C
23LDL-コレステロールLDL-C
24ナトリウムNa
25カリウムK
26クロールCl
27マグネシウムMg
28カルシウムCa
29無機リンIP
30Fe
31UIBC(参考調査)UIBC
32銅(参考調査)Cu
33亜鉛Zn
34総ビリルビンTB
35直接ビリルビンDB
36免疫グロブリンGIgG
37免疫グロブリンAIgA
38免疫グロブリンMIgM
39C3C3
40C4C4
41C反応性蛋白CRP

解析方法

  • 全体集計
  • 試薬別集計
  • ツインプロット
  • ヒストグラム

新規お申し込み・ログイン

Lスイトロールサーベイの新規お申し込み、ユーザーのログインはこちら

Lスイトロールサーベイ お申し込みから実施の流れ

  1. ログインページにアクセス
  2. 新規お申し込み
  3. 施設情報のご登録
  4. メールによる参加申し込みのご確認
  5. 試料発送
  6. 測定
  7. 結果入力
  8. web上にて結果報告書が公開される