ニッスイプレート サブロー寒天培地Nissui Plate Sabouraud Agar

  • 日本薬局方準拠

製品コード

51033

統一商品コード

302510337

JANコード

4987302510337

包装

10枚

使用期限

製造後6ヵ月間

貯蔵方法

4~10℃に保存(禁凍結)

製品概要

本培地は、最も汎用されている真菌の分離培地であり、日本薬局方における総真菌数(TYMC)測定、および臨床材料の検査に用いられる。本培地上ではCandidaの発育はきわめて良好で形態学的に変異することなく長期間生存できる。pHが低く(5.6±0.2)高濃度の糖(ブドウ糖を4%)を含んでいるため選択的に真菌を増殖させるが、細菌は発育が抑制される。

使用法

培養は37℃または25℃で行い、Candidaは48~72時間、糸状真菌では5日間以上の培養期間を必要とすることもある。本培地に発育したCandidaは乳白色円形不透明で湿潤性の隆起した集落を形成し、次第に淡褐色の着色が見られる。

組成

65.0 g(1 L分)中

カゼインペプトン5.0 g
肉ペプトン5.0 g
ブドウ糖40.0 g
寒天15.0 g
pH5.6±0.2

精度管理(試験菌株)

試験菌株について100cfu以下を接種し培養後、対照培地と比較

試験菌株判定基準
Candida albicans ATCC 10231回収率50~200% (20~25℃5日以内培養)
Aspergillus brasiliensis ATCC 16404回収率50~200% (20~25℃5日以内培養)

参照

[日本薬局方準拠]
微生物検査必携(1987)
食品衛生検査指針(2018)
第十八改正日本薬局方(2021)

サイズ

W10cm×H15cm×D10cm

ファイルダウンロード