ニッスイプレート MS-CFX寒天培地Nissui Plate MS-CFX Agar

製品コード

51030

統一商品コード

302510306

JANコード

4987302510306

包装

10枚

使用期限

製造後2.5ヵ月間

貯蔵方法

4~10℃に保存(禁凍結)

製品概要

本培地は、臨床材料からMRSA(メチシリン耐性Staphylococcus aureus)を検出するためのスクリーニング培地として使用する。卵黄加マンニット食塩培地をベースに、セフォキシチンを選択剤として添加している。オキサシリンを選択剤に使用したスクリーニング培地に発育困難なオキサシリン低感受性MRSAを検出することができる。

使用法

検査材料を直接塗布し、35℃(厳守)で24~48時間培養する。本培地はスクリーニング用であるため、MRSAと推定された場合には、菌種同定と薬剤感受性試験を行い確定する。
MRSAはマンニットを分解するため黄色の集落を形成する。集落周囲には白濁(卵黄反応)や真珠様光沢(リパーゼ反応)が認められ、どちらかが陽性であればMRSAと推定する。本培地には、メチシリン耐性コアグラーゼ陰性ブドウ球菌(MRCNS)、Corynebacterium属、真菌も発育するが、これらはマンニット分解能と卵黄反応が陰性であるため、MRSAとの鑑別は容易である。また、Bacillusが発育し卵黄反応陽性を示す場合があるが、コロニー形態で鑑別できる。

組成

培地1 L中

肉エキス3.0 g
ペプトン10.0 g
マンニット10.0 g
ピルビン酸ナトリウム2.0 g
塩化ナトリウム25.0 g
塩化リチウム5.0 g
セフォキシチン6.0 g
選択剤15.0 mg
ブロムクレゾールパープル(BCP)25.0 mg
卵黄液25.0 mL
寒天15.0 g
pH7.2±0.1

精度管理(試験菌株)

試験菌株判定基準
Staphylococcus aureus (MRSA)良好な発育(黄色集落で卵黄反応を示す)
Staphylococcus aureus (MSSA)発育抑制
Candida albicans 発育抑制
Enterococcus faecalis 発育抑制
Proteus mirabilis 発育抑制
Stenotrophomonas maltophilia 発育抑制

サイズ

W10cm×H15cm×D10cm

ファイルダウンロード