コンパクトドライ「ニッスイ」SLCompactdry SL

製品コード

06732

統一商品コード

302067329

JANコード

4987302067329

包装

40枚(4連/袋x10)

使用期限

製造後18ヵ月間

貯蔵方法

室温

製品概要

本品は、乾式簡易培地である。培地成分が乾燥状態で不織布に均一に充填されている。
前増菌培養液を直接接種することによってサルモネラの生化学的性状、運動性などの特異的性質を利用して、サルモネラの存在を定性的に検出する。
前増菌培養後の翌日に迅速スクリーニング判定が可能であり、また、判定後の培地は分離培養検査に利用できるので、サルモネラの確定結果を得ることも出来る。

使用法

前増菌培養液を無菌的に採取し、0.1mLをシャーレの縁から約1㎝の箇所に(中心部からずらして)静かに滴下する。次に、あらかじめ用意した滅菌精製水1mLを、培養液を滴下した反対側のシート上に静かに滴下し、全体に拡散したのを確認してから42±1℃のフラン器で22±2時間培養する。

本培地は、サルモネラ選択培地組成に発色酵素基質、ノボビオシン等の選択剤を加えたサルモネラ検出用培地である。サルモネラのリジン脱炭酸能による培地のアルカリ化(青紫培地が黄色に変化)、発色酵素基質反応による集落の緑色化(硫化水素産生性サルモネラは黒色化)、およびサルモネラの運動性を利用しての夾雑菌からの分離により、前増菌培養液からサルモネラの存在を判断する。さらにシート上の反応部分を釣菌して選択分離培地にて各線塗抹し、鑑別同定試験等を行うことにより、サルモネラの確定検査をすることができる。
大腸菌群等は、本培地組成中の乳糖、白糖の利用によるpH低下によって、青紫から赤紫の変色を示す。

精度管理(試験菌株)

試験菌株判定基準
Salmonella Typhimurium ATCC 13311良好な発育(黄色/緑色)
Salmonella Enteritidis No.1良好な発育(黄色/緑色)
Salmonella Cubana FDA H₂S-良好な発育(黄色/緑色)
Salmonella Havana No.23-150良好な発育(黄色)
Escherichia coli ATCC 8739発育抑制
Citrobacter freundii ATCC 8090発育抑制
Klebsiella pneumoniae ATCC 13883発育抑制
Proteus mirabilis ATCC 29906発育抑制
Staphylococcus aureus ATCC 6538発育抑制

サイズ

W10cm×H14cm×D30cm

ファイルダウンロード