EF寒天基礎培地「ニッスイ」EF Agar Base“Nissui”

製品コード

05679

統一商品コード

302056798

JANコード

4987302056798

包装

100g

使用期限

36ヵ月間

貯蔵方法

室温・防湿

製品概要

本培地は、糞便、水、乳、乳製品および肉製品からの腸球菌の分離に使用される選択分離培地である。また公定法として、未殺菌のミネラルウォーター類の試験法に本培地が使用されている。

使用法

2,3,5-トリフェニルテトラゾリウムクロライド(0.4g)添付
本品54.5gとアジ化ナトリウム0.25gを精製水1Lに加温溶解後、約60℃に冷却
した培地1Lに1.5%TTC水溶液10mLを加えて、シャーレに分注して使用す
る。
37℃、48時間培養後、腸球菌のうちE.faecalisは直径0.5~2mmの桃色またはえ
び茶色の集落を形成し、E.faeciumは黄色の集落を形成するので両者の鑑別
ができる。
グラム陰性桿菌の発育は抑制される。
腸球菌群は大腸菌群同様、汚染指標菌として重要である。
1.5%TTC水溶液の調整
添付のTTC0.15gを精製水10mLに溶解する。褐色びんに入れて冷暗所に保存
する。

組成

54.5g(1L分)中

牛脳エキス末.......................................8.5g

ハートエキス末..................................8.5g

ペプトン............................................... 10.0g

プドウ糖............................................... 10.0g

リン酸一水素カリウム .................2.5g

ブロムチモールブルー ............0.032g

2,3,5-トリフェニルテトラゾリウムクロライド

(TTC)〈別に添加>................................ 0.15g

カンテン............................................... 15.0g

...............................................................pH7.2±

精度管理(試験菌株)

試験菌株判定基準
Enterococcus faecalis 良好な発育
Enterococcus faecium 良好な発育
Enterococcus durans 良好な発育
Escherichia coli 発育抑制
Klebsiella pneumoniae 発育抑制
Proteus vulgaris 発育抑制
Staphylococcus aureus 発育抑制

サイズ

W7cm×H10cm×D7cm

ファイルダウンロード