CVT寒天培地「ニッスイ」CVT Agar“Nissui”

製品コード

05625

統一商品コード

302056255

JANコード

4987302056255

包装

100g

使用期限

36ヵ月間

貯蔵方法

室温・防湿

製品概要

本培地は、Olsonによって考案された乳および乳製品中の低温細菌(主にPseudomonasなどの非発酵性グラム陰性桿菌)の生菌数測定用の培地である。

使用法

本培地は、加温溶解とし、高温蒸気滅菌してはいけない。
20~25℃、48~72時間の培養でPseudomonasAcinetobacter
FlavobacteriumAlcaligenes、大腸菌群などのグラム陰性桿菌は、TTCを還元して赤色の集落を形成する。グラム陽性菌の発育は阻止される。
注意
①TTCの分解を避けるために、培地が溶ければすぐ火を止め、加熱時間をで
きるだけ短かくする。
②検体中にTTC還元物質が含まれていると培地全体が赤色化することがある。
③TTCは光の影響があるので培地の保存は不適。

組成

23.5 g(1 L分)中

酵母エキス2.5 g
ペプトン5.0 g
ブドウ糖1.0 g
クリスタルバイオレット0.002 g
トリフェニルテトラゾリウムクロライド(TTC)0.05 g
カンテン15.0 g
pH7.0±0.1

精度管理(試験菌株)

試験菌株判定基準
Escherichia coli良好な発育(赤色集落)
Klebsiella pneumoniae良好な発育(赤色集落)
Citrobacter spp.良好な発育(赤色集落)
Serratia spp.良好な発育(赤色集落)
Pseudomonas aeruginosa良好な発育(赤色集落)
Pseudomonas fluorescens良好な発育(赤色集落)
Acinetobacter junii良好な発育(赤色集落)
Alcaligenes xylosoxidans良好な発育(赤色集落)
Bacillus subtilis発育抑制
Staphylococcus aureus発育抑制

参照

食品衛生検査指針(2018)

サイズ

W7cm×H10cm×D7cm

ファイルダウンロード