TCBS寒天培地「ニッスイ」Thiosulfate citrate bile Saccharose Agar“Nissui”

製品コード

05204

統一商品コード

302052042

JANコード

4987302052042

包装

300g

使用期限

3年間 

貯蔵方法

室温に保存(要防湿)

製品概要

本培地は、ビブリオ属菌の選択分離培地である。食品や水、糞便検体選択性が強いためグラム陽性菌および大便中に常在する多くのグラム陰性菌は発育を阻止される。食品や水、糞便検体からの腸炎ビブリオ・コレラ菌選択分離用として使用する。

使用法

作り方:培地に精製水を加え、温浴中で20~30分間加熱溶解する。手に持てる温度(50~60℃)になったらシャーレに約20mlずつ分注し平板にする。培地表面を十分に乾燥させてから使用する。注意:高圧蒸気滅菌をしてはならない。 
発育集落の性状:白糖非分解菌であるV. parahaemolyticusは中心部が緑青色の集落を形成する。白糖分解菌である V. choleraeV. alginolyticus は混濁した黄色集落を形成する。腸球菌やProteusが発育することがあるが、その集落は著しく小さいので鑑別は容易である。
 

組成

86.0 g(1 L分)中

酵母エキス5.0 g
ペプトン10.0 g
白糖17.0 g
チオ硫酸ナトリウム10.0 g
クエン酸ナトリウム10.0 g
コール酸ナトリウム3.0 g
クエン酸第二鉄1.0 g
塩化ナトリウム10.0 g
牛胆汁末5.0 g
プロムチモールブルー0.04 g
チモールブルー0.04 g
カンテン15.0 g
pH8.8±0.1

精度管理(試験菌株)

試験菌株判定基準
Vibrio parahaemolyticus良好な発育(中心部緑色集落)
Vibrio cholerae良好な発育(黄色集落)
Escherichia coli発育抑制
Pseudomonas aeruginosa発育抑制
Proteus mirabilis発育抑制
Staphylococcus aureus発育抑制
Enterococcus faecalis発育抑制

参照

食品衛生検査指針(2018)
衛生試験法注解(2020)

サイズ

W8cm×H17cm×D8cm

ファイルダウンロード