ビブリオ寒天培地「ニッスイ」Vibrio Agar“Nissui”

製品コード

05201

統一商品コード

302052011

JANコード

4987302052011

包装

300g

使用期限

3年間  

貯蔵方法

室温に保存(要防湿)

製品概要

本培地は、糞便検体からの腸炎ビブリオ・コレラ菌選択分離用として使用する。腸炎ビブリオ・コレラ菌分離用としての選択性は中等度で、TCBS寒天培地よりは選択性は弱い。しかし、その半面、コレラ菌の集落は大きく、診断用抗血清(O-1)での凝集が可能となる利点がある。

使用法

作り方:培地に精製水を加え、温浴中で20~30分間加熱溶解する。手に持てる温度(50~60℃)になったらシャーレに約20mlずつ分注し平板にする。培地表面を十分に乾燥させてから使用する。本培地は加温溶解して使用する。高圧蒸気滅菌してはいけない。
使用法:糞便検体はやや多めに塗抹し、35〜37℃で18〜20時間好気培養を行う。
発育集落の性状:白糖分解菌のV. choleraeは、ウォーターブルーの発色により青色を帯びた集落となる。白糖非分解菌のV. parahaemolyticusは、やや赤味がかった少し不透明な集落を形成する。 

組成

80.0 g(1 L分)中

酵母エキス5.0 g
ペプトン5.0 g
白糖12.5 g
タウロコール酸ナトリウム5.0 g
ラウリル硫酸ナトリウム0.2 g
クエン酸ナトリウム8.0 g
チオ硫酸ナトリウム8.5 g
リン酸一水素ナトリウム7.5 g
クエン酸鉄3.0 g
塩化ナトリウム10.0 g
ウォーターブルー0.2 g
クレゾールレッド0.02 g
カンテン15.0 g
pH9.0±0.1

精度管理(試験菌株)

試験菌株判定基準
Vibrio parahaemolyticus良好な発育(培地色の不透明な集落)
Vibrio cholerae良好な発育(青色を帯びた集落)
Escherichia coli発育抑制
Staphylococcus aureus発育抑制
Klebsiella pneumoniae発育抑制
Proteus vulgaris発育抑制
Enterococcus faecalis発育抑制

参照

衛生試験法注解(2020)

サイズ

W8cm×H17cm×D8cm

ファイルダウンロード