TSI寒天培地「ニッスイ」TSI Agar“Nissui”

製品コード

05103

統一商品コード

302051038

JANコード

4987302051038

包装

100g

使用期限

3年間

貯蔵方法

室温に保存(要防湿)

製品概要

本培地は、腸内細菌の性状確認培地である。ブドウ糖からのガス産生能、乳糖および白糖の発酵性、ならびに硫化水素産生能を確認することができる。

使用法

(腸炎ビブリオ用には食塩を1%に加える)
本品61.4gに対し精製水を1,000mLの割合で加えて加温溶解し、小試験管に約4mLずつ分注する。121℃、15分間高圧蒸気滅菌し、半斜面に凝固させて使用する。
被検菌を高層部に穿刺後、斜面部に塗布する。37℃で18〜24時間培養。
本培地は確認培地として、ブドウ糖、乳糖、白糖の分解能、ガス産生能および硫化水素産生能を同時に観察できる。

糖分解能の判定:ブドウ糖のみ分解する菌は高層部が黄変し、斜面部は無変化。乳糖、白糖両方、またはいずれか一方の分解菌は高層、斜面部ともに黄変する。非発酵菌は高層、斜面部ともに無変化。
ガス産生能の判定:陽性菌は高層部に気泡または亀裂を生ずる。
硫化水素産生能の判定:陽性菌は高層部が黒変する。

組成

61.4 g(1 L分)中

肉エキス5.0 g
塩化ナトリウム5.0 g
ペプトン15.0 g
乳糖10.0 g
白糖10.0 g
ブドウ糖1.0 g
クエン酸第二鉄0.2 g
チオ硫酸ナトリウム0.2 g
フェノールレッド0.02 g
カンテン15.0 g
pH7.3±0.1

精度管理(試験菌株)

試験菌株性状(ブドウ糖発酵 乳糖白糖分解 硫化水素産生 ガス産生)
Escherichia coli   +     +   -   +
Shigella sonnei   +     -   -   -
Salmonella anatum   +     -   +   +
Salmonella pullorum   +     -   +   +
Klebsiella pneumoniae   +     +   -   +
Morganella morganii   +     -   -   +
Citrobacter spp.   +     -   +   +

参照

食品衛生検査指針(2018)
衛生試験法注解(2020)

サイズ

W7cm×H10cm×D7cm

ファイルダウンロード