白糖加SS寒天培地(顆粒)「ニッスイ」SS Agar with Sucrose“Nissui”

製品コード

05032

統一商品コード

302050321

JANコード

4987302050321

包装

280g

使用期限

3年間

貯蔵方法

室温に保存(要防湿)

製品概要

本培地は、SS寒天培地に白糖を加えた糞便検体の選択分離培地である。E. coliや雑菌に対する発育抑制作用がSS寒天培地と同等であり、糞便中のSalmonellaと赤痢菌(Shigella)の分離を目的とする。SS寒天培地ではSalmonellaCitrobacterの集落が黒色を呈するが、本培地では、ほとんどのCitrobacterは白糖を分解するため黒色集落を形成しなくなる。これを利用してSalmonellaの集落との鑑別を容易にした培地である。

使用法

作り方:本品60.0gを精製水1,000mLに加温溶解し、約20mLずつシャーレに分注し、培地の表面を十分乾燥して使用する。高圧蒸気滅菌してはいけない。(細かく書くと、コルベン等に本培地を入れ、精製水を加える。よく混和し培地粉末のかたまりがないことを確認したら、コルベンの口をアルミ箔等で閉じ、鍋等に入れ、20~30分程加熱する。高圧蒸気滅菌をしてはならない。手に持てる温度になったら約20mLずつシャーレに分注する。

使用方法:培地の表面を十分乾燥して使用する。糞便検体を白金耳等を用いて画線塗抹し、35±1℃で18~24時間、好気培養を行う。「発育集落の性状」Salmonellaや赤痢菌などの乳糖非分解菌は半透明集落を形成、硫化水素産生菌のSalmonellaは集落の中心部が黒変する。乳糖分解菌は赤色集落を形成する。SS寒天培地で黒色集落を形成するCitrobacterは、白糖を分解するため培地pHが酸性となり硫化物ができないため黒色集落を形成しない。そのため、Salmonellaの鑑別が容易にできる。

組成

70.0 g(1 L分)中

肉エキス5.0 g
胆汁酸塩8.5 g
ペプトン8.0 g
乳糖10.0 g
白糖10.0 g
クエン酸ナトリウム8.5 g
チオ硫酸ナトリウム5.5 g
クエン酸第二鉄1.0 g
ニュートラルレッド0.025 g
ブリリアントグリーン0.33 mg
カンテン13.5 g
pH7.2±0.1

精度管理(試験菌株)

試験菌株判定基準
Shigella sonnei良好な発育(半透明集落)
Shigella flexneri良好な発育(半透明集落)
Salmonella Typhimurium良好な発育(中央部黒色集落)
Salmonella Enteritidis良好な発育(中央部黒色集落)
Salmonella Meleagridis良好な発育(中央部黒色集落)
Citrobacter freundii良好な発育(赤色不透明集落)
Escherichia coli発育抑制
Enterococcus faecalis発育抑制

サイズ

W9cm×H9cm×D20cm

ファイルダウンロード