セレナイト・シスチン基礎培地「ニッスイ」Selenite Cystine Broth Base“Nissui”

製品コード

05009

統一商品コード

302050093

JANコード

4987302050093

包装

100g

使用期限

3年間

貯蔵方法

室温に保存(要防湿)

製品概要

本培地は、チフス・パラチフス症患者(または疑い患者)が発生した際、その原因として食品や水の介在が疑われた場合のみ使用される。患者の糞便検体、保菌者の糞便検体、食品および飲料水の増菌培地として使用される。通常のSalmonella spp.を目的とした食品検査には適用されない。なお、Salmonella Thyphiがシスチン要求性であることやタマゴによる選択性の劣化を防止するためにL-シスチンが添加されている。

使用法

作り方:本品19.0 gに精製水1Lを加え混和し、粉末が水になじんだら亜セレン酸ナトリウム4.0gを静かに加えて混和する。温浴中で溶けるまで加温溶解(100℃で10分以内)し,滅菌中試験管に12~15mLずつ分注する。(溶存酸素が選択性を弱めるため、培地液高を6cm以上にするため)
使用法:糞便検体、食品など約1g(1ml)を培地に入れ、よく混和後、35~37℃で12~18時間培養する。
培養時の注意点:増菌培養は18時間以内にとどめ、速やかに分離培養する。長時間の増菌培養はE. coli等が増殖する。
注意
①亜セレン酸ナトリウムは毒物のため、吸い込まないよう扱いに注意する。
②シスチンが含まれるため冷水では溶けない。温浴中で溶かす。
③加熱時間が長いと赤くにごるため、100℃で10分以内にとどめる。
④過度な加熱、高圧上記滅菌をしてはならない。
ProteusCitrobacterは亜セレン酸ナトリウムの影響を受けないために発育するのが、43℃で培養する方法では抑制される。 

組成

19.0 g(1 L分)中

ペプトン5.0 g
乳糖4.0 g
リン酸ナトリウム10.0 g
L-シスチン0.01 g
pH7.0±0.1

精度管理(試験菌株)

試験菌株判定基準
Salmonella Enteritidis良好な発育
Escherichia coli発育抑制

参照

食品衛生検査指針(2018)

サイズ

W9cm×H10cm×D7cm

ファイルダウンロード