ライサス嫌気性菌感受性プレート「ニッスイ」RSMA1RAISUS"Nissui”RSMA1

  • 体外診断用医薬品
  • クラスⅠ

製品コード

04597

統一商品コード

302045976

JANコード

4987302045976

包装

5枚

使用期限

製造後1年間

貯蔵方法

冷所(2~10℃)に保存

製品概要

本製品は、全自動迅速同定感受性測定システム”ライサスシリーズ“(ライサスS4、ライサスエニー、ライサス)の専用プレートである。細菌検査における起炎菌(嫌気性菌)の薬剤感受性検査を目的とする。本プレートは、17種類の抗菌薬のMICを測定する96ウェルで構成される。

使用法

【使用方法、判定方法】
1.プレートの準備:
プレートは冷蔵庫から取り出し、30分間室温に戻してから、アルミ袋を開封し使用する。
2. 菌液の調整:
①非選択培地(ABHK寒天培地など)に純培養状に発育した新鮮培養菌を被検菌として用いる。
②被検菌をニッスイチューブ滅菌水に懸濁させ、マックファーランド1.0に調整する。
3.測定:
①調整した被検菌液、サプリメントRSを添加したニッスイチューブブルセラブイヨンならびに本プレートをライサスシリーズにセットし、菌液分注のみを行う。
②分注が終了したプレートを嫌気培養する。
4.判定:
①培養48時間後にコントロールウェルの発育を確認し、ライサスシリーズにセットし判定を行う。判定は発育コントロールウェルと各抗菌薬ウェルの吸光度(濁度)変化の比較を行い、専用のアルゴリズムにより自動的にMICが判定される。MICの解釈はCLSI Approved Standard(M11)、CLSI Informational Supplement(M100)に準拠して判定する。

精度管理(試験菌株)

添付文書に記載される用法・用量に従って操作するとき、下記の判定基準を満たす。

<薬剤感受性>

試験菌株判定基準
Bacteroides fragilis ATCC 25285予め設定される規格値内のMICを示す。
Bacteroides thetaiotaomicron ATCC 29741同上

参照

Clinical and Laboratory Institute, CLSI
Approved Standard(M11)
Clinical and Laboratory Institute, CLSI
Informational Supplement(M100)

備考

体外診断用医薬品
届出番号:13A2X00006000019

サイズ

W20cm×H9cm×D11cm

ファイルダウンロード